診療案内
スタッフ紹介
院内案内
医院概要(アクセス)
リンク
お問い合わ




治療方針
治療内容

西谷聖書集会
西谷集会写真集
使徒信条の学びシリーズ
十戒の学び

神戸医学校
永遠の命とは
イスラエルの回復
聖徳太子とイエス・キリスト
近藤診療所事始
院長の趣味

西谷聖書集会
日本キリスト改革派伊丹教会伝道所

急いで降りて来なさい

ウイリアム・モーア

2007.1.7

 

ルカによる福音書19章1−10

 

【税務官】

あるスポーツクラブのオーナーが自分の力を人々に見せつける為、自分よりも強い人には十万円の賞金を出すと言い出しました。人の力を試す方法で、彼はレモン一個を取って片手で一生懸命に搾り出しました。そして、そのレモンを挑戦者に渡しました。もし挑戦者がそのレモンからもう一滴の汁だけでも搾り出す事が出来たら、賞金が貰えます。力強い挑戦者が沢山集まりましたけれども皆は失敗してしまいました。いくら頑張ってもレモンからもう一滴の汁を搾る事が出来ませんでした。ある日、骨と皮ばかりの弱虫に見える男がスポーツクラブに初めて現れ、大胆にもオーナーに挑戦しました。皆が大声で彼を笑いましたが、オーナーはいつものようにレモン一個を取り完全に搾り出してから挑戦者に渡しました。そして、相手がそのレモンを片手に取って搾り始めました。すると、一滴だけではなく、二滴、三滴と、レモンから落ちて来ました。その珍しい光景を見た人々全ては彼に声援を送りました。負けたオーナーは大変驚きましたが、約束通りに賞金をちゃんと出しました。そして、オーナーは挑戦者の実力の説明として、その人の職業を尋ねました。そうすると、「僕は税務署で働いています」と返事が来ました。

 

【ザアカイ】

今日の聖書朗読は税務署で働いていたザアカイと言う人を紹介します。彼は住民から税金を搾るので悪名高い人でした。その当時、徴税人は国が決めた額以上に税金を無理やり取り、その差額(さがく)を自分のポケットに入れていましたので、大変嫌われた人でした。

 

さらに、ザアカイは徴税人の頭で部下からも何割かを要求して、大金持ちになりました。つまり、ザアカイは人を犠牲にして、豊かになったのです。その上、彼はユダヤ人でありながらでも、外国のローマ政権の為、ユダヤ人から徴税しました。その結果、彼は村八分になり、非国民のように扱われました。「罪人」、「悪党」と呼ばれ、ザアカイは金持ちになっても、とても寂しい人でした。

 

【ザアカイ、急いで降りて来なさい】

主イエスはエルサレムへ上る途中で、ザアカイの町エリコを通りました。そうすると、その町の人々は有名になったイエスを見る為、家と職場からぞくぞく出て来て、主のいる所を大勢で押し掛けました。そして、その中の一人はザアカイでした。3節によりますと、彼は「イエスがどんな人か見る」為、出掛けました。その動機ははっきり分かりませんけれども恐らく彼は「徴税人と罪人の友」と呼ばれたイエスを自分の目で見たかったのです。

 

他の人と違って、イエスが罪びとのような人を相手にしたのは素晴らしいと思って、見に行きました。あるいは、イエスの奇跡について色んな事を聞いていたザアカイはその人物を目たかったのです。ザアカイの動機は不明ですが、とにかく彼はわざわざ道に出てイエスを一目見ようとしました。

 

私達もイエス・キリストを見る為に、ここに、この集会に集っていると思います。と言うのは、私達はザアカイと同じように、イエスがどんな人か見ようとしています。イエスの教えを覚え、主に出会いたいと思います。さらに、神の愛と力を体験したいのです。その為にここに集まっています。

 

【わたしたちとザアカイ】

ザアカイはイエスを見たかったのですが、彼は背が低い者で群衆に遮られてイエスを見る事が出来ませんでしたと記されています。そして、彼は走って先回りし、木に登りました。そうすると、イエスがよく見るようになりました。つまり、彼はイエスを見る為に積極的に良い所へと移りました。

 

私達もイエスを見るように今朝わざわざここに参りました。この所に来ると聖書から、真の神の力と愛を学び、兄弟姉妹の交わりを通して励まされます。

 

イエスがザアカイのいる木に近寄って来た時、ザアカイはやっと主を良く見る事が出来ました。しかし、彼はイエスをただ見る事だけでなく、主に出会いました。5節を見ますとこの御言葉があります。

 

イエスはその場所に来ると、上を見上げて言われた。『ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。』」

 

ザアカイは大変驚きました。イエスは彼を見ました。そして、会った事がないのに、自分の名前を知り、皆の前で自分の名前を呼びました。その上、自分の家に泊りたいと言っていました。つまり、イエスはザアカイを長年の友人のように、彼をありのままで完全に受け入れて下さいました。

 

イエスが、もし「ザアカイ、どうしてあなたは裏切り者のようにローマ政権と協力し、無理に人から税金を奪うのか」と責めるのなら当然ですけれども、主イエスは思いがけない事をしました。罪深いザアカイをありのままで受け入れ、兄弟のように歓迎したのです。

 

【ザアカイは喜んでイエスを迎えた】

そして、ザアカイはどうしましたか。「ザアカイは急いで降りて来て、喜んでイエスを迎えた」と記されています。「イエスは皆と違って私を非難しない。私の家に泊まりたいと言っている。私を相手にする」とザアカイが思い、興奮して主を自分に家まで案内しました。

 

周りの者の反応はどうでしょうか。7節を見て下さい。「これを見た人たちは皆つぶやいた。『あの人は罪深い男の所に行って宿をとった』」と記されています。やはりイエスの行動は彼らにとってとても理解に苦しむものでした。「ザアカイのような堕落した奴は無視した方が良い。百年経っても彼は変わらない」と思った事でしょう。しかし、主イエスはザアカイの事を諦めませんでした。実は、イエスがこの世に来たのはザアカイのような人の為でした。「私が来たのは、正しい人を招く為ではなく、罪人を招く為である」と宣言したイエスはザアカイのような人を常に探し出しました。「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である」とおっしゃった主は御自分の手をザアカイに差し伸べました。

 

【ザアカイの改心】

そうすると、ザアカイはどうしましたか。自分の家でイエスを接待した後、何も起こった事のないように生活をしましたか。実は、ザアカイは奇跡的に変わりました。イエス・キリストの影響でザアカイに大きな変化が起こりました。第一に彼はイエスを「主」として認めました。8節にザアカイはイエスを「主」と呼ぶようになりました。「主」と言う意味は文字通り、それは支配する者、頭、ボース、マスターです。ザアカイは徴税人の頭として自分の力を悪用しましたが、その時から、イエスは彼の頭になりました。つまり、主の教えに従って生きました。主を信じ、全ての希望を主に掛けるようになりました。

 

【与える人に】

イエスがザアカイの頭になると全てが変わりました。第二の変化は彼は取る人から与える人になりました。以前にザアカイは人からお金を無理に取って欲張り金持ちになりました。取る事しか考えませんでした。しかし、イエスが自分の主となってから、喜んで与える人になったのです。「ザアカイは立ち上がって、主に言った。『主よ、私は財産の半分を貧しい人々に施します』」と約束しました。イエスは彼に哀れみと愛を示したように、ザアカイはその同じ恵みを人に現しました。先ずイエスに愛されたザアカイは具体的に隣人を愛したのです。イエス・キリストが救い主になると、「受けるよりは与える方が幸い」と言う真理が分かるようになります。

 

【和解を望む人に】

ザアカイの人生に大事な変化がもう一つありました。それは自分が傷をつけた人に和解を強く望むようになりました。以前にはその気持ちがちっともありませんでした。敵であっても何とも思いませんでした。結局、泥棒のように人のお金を奪う事で大金持ちになっても、良心が別に痛まなかったと思います。しかし、イエス・キリストが彼の主となった途端、傷つけた人の事を考え始めました。「誰かから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します」と言いました。旧約聖書の律法は二倍の被害弁償を要求しましたが、ザアカイは自分の罪を悔い改め、要求以上に、被害を与えた人に返済しました。

 

そして、主イエスはザアカイの約束を聞くとこのように言われました。「今日、救いがこの家を訪れた。この人もアブラハムの子なのだから。人の子は、失われた者を捜して救う為に来たのである。」

 

あなたの家に泊まりたい】

主イエスの愛と哀れみの故にザアカイの生き方がすっかり変わりました。価値観も引っくり返ったのです。そして、その結果は新しい人生と神の永遠の救いでした。

もし主イエスの招きを聞いたザアカイがその木から降りて来なかったら神の恵みを受け入れられなかったでしょう。ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」と言うイエスの声に従わなかったら、今日の個所の結末は完全に引っくり変った事でしょう。ザアカイが恥ずかしくなり、「私のような罪深い人の家に泊るはずがない」とか、何か言われるかも、とかの遠慮と恐れで主イエスの招きを断って、そのまま木に留まっていたら、きっと主の愛が分からなかったのです。また、イエスによって話しかけられた時、主の接待が出来ないなどの言い訳を色々言ったら、神の恵みを受ける事が出来なかったのです。更に、傲慢で主を無視して、「あなたの救いはいらないから、家に泊めない」と返事したら、もちろん新しい命と赦しを経験出来ませんでした。しかし、ザアカイはイエスの声、「急いで降りて来なさい」を聞いて、喜んで主を迎えました。そうしますと、全てが新たらしくなりました。

 

タイ•カッブと言う有名なメジャーリーグ野球プレーヤは選手として素晴らしいキャリアがありました。4191本のヒットの記録を残した彼は今もよく覚えられています。彼は1961年にイエス・キリストを救い主として受け入れました。その時、彼は病気で寝たきり状態でしたが、喜んで神の恵み、永遠の救いを頂きました。カッブ選手は牧師にこう言ったそうです。「残念に思う事が一つだけあります。それは、9回の裏にイエス・キリストを受け入れた事です。一回の表に主イエスを知っていたら、もっと良かったのに」と言いました。

 

私達は9回の裏までに待たなくても良いのです。木に登ってそのままずっとイエスを見物するだけでは何も起こりません。愛する救い主イエス・キリストは私達にも「急いで降りて来なさい」と招いて下さいます。(おわり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


COPYRIGHT(C)2003-2005 近藤診療所 ALL RIGHTS RESERVED.