診療案内
スタッフ紹介
院内案内
医院概要(アクセス)
リンク
お問い合わ




治療方針
治療内容

西谷聖書集会
西谷集会写真集
使徒信条の学びシリーズ
十戒の学び

神戸医学校
永遠の命とは
イスラエルの回復
聖徳太子とイエス・キリスト
近藤診療所事始
院長の趣味

西谷聖書集会
日本キリスト改革派伊丹教会伝道所

「罪を赦す権威者イエス・キリスト」

泥谷逸郎教師

2008.2.24
 
聖書 ルカ福音書 5章17~26 

◆中風の人をいやす

 17:ある日のこと、イエスが教えておられると、ファリサイ派の人々と律法の教師たちがそこに座っていた。この人々は、ガリラヤとユダヤのすべての村、そしてエルサレムから来たのである。主の力が働いて、イエスは病気をいやしておられた。18:すると、男たちが中風を患っている人を床に乗せて運んで来て、家の中に入れてイエスの前に置こうとした。 19:しかし、群衆に阻まれて、運び込む方法が見つからなかったので、屋根に上って瓦をはがし、人々の真ん中のイエスの前に、病人を床ごとつり降ろした。 20:イエスはその人たちの信仰を見て、「人よ、あなたの罪は赦された」と言われた。

 21:ところが、律法学者たちやファリサイ派の人々はあれこれと考え始めた。「神を冒涜するこの男は何者だ。ただ神のほかに、いったいだれが、罪を赦すことができるだろうか。」 22:イエスは、彼らの考えを知って、お答えになった。「何を心の中で考えているのか。 23:『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらが易しいか。24:人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう。」そして、中風の人に、「わたしはあなたに言う。起き上がり、床を担いで家に帰りなさい」と言われた。 25:その人はすぐさま皆の前で立ち上がり、寝ていた台を取り上げ、神を賛美しながら家に帰って行った。 26:人々は皆大変驚き、神を賛美し始めた。そして、恐れに打たれて、「今日、驚くべきことを見た」と言った。


【はじめに】

「中風の人をいやす」出来事のあらすじは次の通りです。 
主イエスがご自分の町カファルナウムに帰ってこられたある日のことです(マタイ9:1、マルコ2:1)。そこに、大勢の人々がやって来ました。主イエスに批判的なファリサイ派や律法学者たちも座っていました。
ファリサイ派は、律法主義者で、先祖たちの言い伝えを守るのに熱心な人々でした。律法学者とは、モーセ律法をはじめ、旧約聖書の学者のことです。彼らは歪んだ律法解釈のために主イエスが誰であるか分からなくなっていました。

【中風の人と四人の男】

彼らの冷ややかな態度をものともなさらず、主イエスは彼らや群衆を前にして教えたり、病人を癒したりしておられました。すると、四人の男たちが中風を患っている男を床に乗せて運んできました。その家には、あまりにも人が多過ぎて、病人を主イエスの前まで運んで行くことができませんでした。それで、外側の壁伝いの階段を上り、屋根をはがし、大きな穴を開けて、そこから床ごと病人をつり降ろし、主イエスの前に置きました。このころのイスラエルの家は「たくさんの木で梁を重ね、そこに泥を塗って天井を作っていました」。

 

主はその人たちの信仰をご覧になって、病人に向かって言われました。「あなたの罪は赦された」と。主は、四人の信仰も評価されましたが、病人の信仰を特に重視されました。ここに、信仰による罪の赦しと癒しの奥義が示されています。
 これを見た律法学者やファリサイ派の人々は、心の中でいろいろと批判し始めました。その最たる思いは、「神を冒涜するこの男は何者だ。ただ神のほかに、いったいだれが、罪を赦すことができるだろうか。」

 

彼らのこの問い自体は間違いではありません。しかし、彼らの神理解に、イエス・キリストがすっかり抜け落ちている欠陥を見ます。キリストなき神概念は、まことの神理解ではありません。主は彼らの思いを見抜かれ、一つの質問をなさいました。それは、「『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらが易しいか。」

 

あなたは、どちらが易しいと思いますか。人にとっては、どちらも難しいことです。不可能なことです。主はさらに続けて言われました。「人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう」と。そして、中風の人に向かって、「起き上がり、床を担いで家に帰りなさい」と言われました。すると、その人は、直ちに「皆の前で立ち上がり、寝ていた床を取り上げ、神を賛美しながら家に帰って行」きました。人々は皆驚き、神を賛美し始めました。「そして、恐れに打たれて、『今日、驚くべきことを見た』と言」いました。

 

神の奇跡を見ることは、驚きばかりではなく、恐ろしいことでもあります。以上が、この出来事のあらましです。

【罪を赦す権威者キリスト】

 今日の聖句で特に注目したいのは、24節の「人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう」という御言葉です。

  1 罪を赦すのは三位一体の神である】
聖書は、神が罪を赦すと教えています。コロサイ2:13は、「神は、わたしたちの一切の罪を赦し」たと言います。1ヨハネ1:9には、「自分の罪を公に言い表わすなら神は真実で正しい方ですから、罪を赦す」、とあります。

 

ところが、ルカの5:24では、主イエスご自身が、「人の子(主イエス)が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう」と言っておられます。コロサイ1:14では、「わたしたちは、この御子によって、贖い、すなわち罪の赦しを得ているのです。」と言われています。

 

これらの聖句やその他の多くの聖句から、罪の赦しは神がなさることである、と教えられます。神とは、もちろん三位一体の神であられます。神はおひとりであられますが、父なる神、子なる神、聖霊なる神でもあられます。罪の赦しのために、父は御子を地上に遣わされました。

 

【罪を赦す権威者】

罪の赦しのために遣わされた御子は、イエス・キリストとなられ、十字架の贖いの御業を成し遂げられました。聖霊は、罪の赦しのために新しい命を与え、成し遂げられた御子イエスの贖いの恵みを私たち罪人に適用しておられます。皆様や私、一人一人の救いは、三位一体の神の御業の結果です。このような中で、主イエスは、「私が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう」、と言われたのです。

このお言葉は、私は神の子であり、神であるという主ご自身の宣言です。従って、私は罪を赦す権威を実際に持っているという宣言です。非難で心の中が一杯であったファリサイ派と律法学者たちと群衆の前で、「マリアの子イエスである私は、神の子であり、神である。従って、罪を赦す権威を持っている」と宣言されたのです。主イエスが神の御子として持っておられる権威とは、「あなたの罪はあなたに赦されている」と具体的に一人一人に宣言することができる権威(力)」(榊原康夫著「ルカ福音書講解 2」p279)のことです。主イエスが、「あなたの罪は赦された」と宣言されたなら、必ずそのようになります。イエス・キリストを私の神、私の救い主と信じて受け入れるならば、あなたの罪は必ず赦されるのです。

【2 罪とはイエスを信じない頑なな心のことである】
次に、罪について簡単に説明しておきましょう。罪とは、主イエスを神の御子、救い主キリストと信じることができない無知、不信仰、頑なさを言います。罪は恐ろしい力、魔力です。私たちの犯す罪は、一つ二つではありません。私たちは一生のうち、天の星ほど、地の砂ほど多くの罪を犯します。これらの罪が取り除かれないと、たとえ一生を豊かに、健康に恵まれ、特に問題なく終えたとしても、死後と、そしてその後の終わりの日に大変なことが身に起こります。それは神による裁きです。

 

【最後の審判】

イエス・キリストによる最後の審判です。私たちの前途には、この大問題が控えているので、罪は放置しておいてはいけません。神はその裁きの日を定めておられます。その裁きをイエス・キリストにゆだねておられます。従って、イエス・キリストはその恐るべき内容をよくご存知です。ですから、神は私たちを救い、助けるために主イエスをこの世に遣わされたのです。

 

裁きがなければ、イエスがマリアの子として実際にこの世に来られることはありませんでした。従って、十字架も復活もなく、キリスト教はありませんでした。否、必要ではなかったのです。イエスがクリスマスに来られたことと十字架の犠牲があったということは、数々の罪とそれに対する神の裁きが実際にあることを示しています。ですから、あなたも私も、早く自分の罪を認めて、悔い改め、主イエスを信じる信仰によって救われなければならないのです。

 

イエス・キリストは、その救いをあなたに与える力と権威を持っておられます。その力と権威とを主イエスは十字架と復活によって示しておられます。

【自力救済は不可能】

人は、裁きがあることを知らされても、頑ななために、なかなか信じることができません。しかし、人は自力で自分の罪を帳消しにすることはできません。ましてや、他人の罪を取り除いてあげることはできません。人には、自力救済は不可能です。そこで、神があなたや私を助けるためにイエス・キリストを救い主として遣わしてくださったのです。キリストだけが、頑なな罪の力を打ち砕く力をお持ちです。

 

【救いはイエス・キリストの他にない】

罪の力を打ち砕くことができるお方は、イエス・キリストの他にはいません。ですから、私たち先に救われた者は、皆さんに主イエスを信じなさい、そして救われなさいと勧めるのです。キリストしかいないのですから、排他的なのではなく、私たちは真理を語り、真実を示すのです。

主イエスは、私たちの真理の理解力欠如とイエスを受け入れられない頑なさを打ち壊す権威と力を持っておられます。主は、その力を持っておられることを示すために、また人にはできないが、神にはできることを、中風の男を癒す奇跡をもって示されました。

【完全な癒し】

主イエスは、今も罪の赦しの権威と力を持っておられることを聖書の記録を通して、私たち罪人の前に示しておられます。中風の病人を癒された奇跡は、病人にとっては大変嬉しい癒しの恵みでした。しかし、主イエスは、この奇跡には、癒しよりももっと大きな目的を持っておられました。それは、イエスは主であり、神の子キリストであり、神であり、罪を赦す権威と力を本当に今も、これからも持っておられることを示すことでした。中風の人が癒されたことは、主イエスが今も、後も、罪を赦す力を持っておられることを、証明しています。主イエスはあなたの罪を赦し、打ち砕くことがお出来になります。身体も魂も全人的にあなたを蝕む癌のような罪を、いつまでも後生大事に抱え込まないで、一刻も早く主イエスに取り除いていただきなさい。

民の指導者であるファリサイ派の人々と律法学者たちに、群衆に、そして今や私たちに、イエス・キリストはあなたや私の罪を赦すことがお出来になると証ししておられます。信じない者にならず、信じる者になって罪の赦しと救いを受けられよ。

【おわりに】

ファリサイ派の人々や律法学者たちのように、イエス・キリストを神の御子であると信じない人は、ここに書かれている聖書のお言葉を信じることができません。私たちは、聖書が、生ける神の今生きているお言葉であると信じ、受け入れます。従って、中風の人の癒しは、今、私の目の前で起こった出来事として受け入れます。

 

そうすることによって、イエス・キリストは神の御子であり、神であられることを信じています。その信仰のゆえに、罪の赦しを与えられます。主イエスは、私たちに、「あなたの罪は赦された」と今も聖霊によって宣言されます。

キリスト者にお勧めします。主イエスを信じているのですから、「私の罪はゆるされている」と信じて喜びなさい。そして、自分の罪に苦しんでいる人々に救いと解放を伝えなさい。伝える方法はいろいろあります。隣人のための祈りがあります。伝道のための献金があります。伝える思いがあります。集会に招くことができます。イエス・キリストはこういうお方ですと、紹介することができます。自分ができる範囲や程度でいいのです。何か、自分もできることをして罪からの解放を告げる喜びと光栄に参加しましょう。

【すべての罪はゆるされる】

罪が赦される範囲について記しておきましょう。聖霊なる神を汚す罪以外はすべての罪が赦されます。主イエスは、姦淫の女を赦されました(ヨハネ 8:1~11)。強盗殺人などの罪を犯した十字架上の極悪人を赦されました(ルカ 23:4243)。その他道徳的な罪、犯罪なども赦されます。宗教的罪では、偶像礼拝、真の神礼拝をしない罪もあります。
これらの罪でも、罪を認めて悔い改め、赦しを願うならば、神はイエス・キリストの十字架の贖いのゆえにすべてを赦してくださいます。罪の白紙化、帳消し(コロサイ2:1315)の恵みです。ですから、罪の重荷を背負ったままでおるのをやめましょう。赦しを得て、背の荷を軽くして頂きましょう。どうすれば赦されるでしょうか。自分が罪人であることを認め、「どうか私の罪をお赦しください」と祈りなさい。この祈りによって主イエスに罪の赦しを願い出なさい。そうすれば赦されます。 

罪が赦された人は、永遠に主に結ばれて生きます。「主に結ばれて」とはどういうことでしょうか。生きている時は、聖霊によって主に結ばれて生きます。死の時は、信者の霊は直ちに主のもとに昇ります。身体は終わりの日の復活の時まで、主に結ばれて墓に眠ります。

こういうわけですから、罪が赦されていることを喜ぶ信仰に立ちましょう。
求道中の方々に告げます。イエス・キリストを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も、その信仰によって罪を赦されます。罪を赦されるとは、あなたはもはや永遠に罪に定められることはない、ということです。主が終わりの日になさる最後の審判のとき、あなたは無罪の宣告を受けます。

これまで、聞いてくださったことを念頭におきながら、聖書の朗読をお聞きください。「従って、今や、キリスト・イエスに結ばれている者は、罪に定められることはありません。神は…つまり、罪を取り除くために御子を罪深い肉と同じ姿でこの世に送り、その肉において罪を罪として処断だれたのです。」ローマ 81~3

 

 今朝の雪のように、神はイエス・キリストのゆえに、私たちの罪や汚れを覆い隠し、「雪よりも白く」してくださいます。
人よ、自分の罪に泣け。そして、罪の赦しを願い出ようではありませんか。(おわり)


COPYRIGHT(C)2003-2005 近藤診療所 ALL RIGHTS RESERVED.