診療案内
スタッフ紹介
院内案内
医院概要(アクセス)
リンク
お問い合わ




治療方針
治療内容

西谷聖書集会
西谷集会写真集
使徒信条の学びシリーズ
十戒の学び

神戸医学校
永遠の命とは
イスラエルの回復
聖徳太子とイエス・キリスト
近藤診療所事始
院長の趣味

西谷聖書集会
日本キリスト改革派伊丹教会伝道所

主イエス•キリストの権威

ウイリアム・モーア

2008.4.27

 

マルコによる福音書1章2128

◆汚れた霊に取りつかれた男をいやす

 21:一行はカファルナウムに着いた。イエスは、安息日に会堂に入って教え始められた。 22:人々はその教えに非常に驚いた。律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。23:そのとき、この会堂に汚れた霊に取りつかれた男がいて叫んだ。24:「ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ。」 25:イエスが、「黙れ。この人から出て行け」とお叱りになると、 26:汚れた霊はその人にけいれんを起こさせ、大声をあげて出て行った。27:人々は皆驚いて、論じ合った。「これはいったいどういうことなのだ。権威ある新しい教えだ。この人が汚れた霊に命じると、その言うことを聴く。」28:イエスの評判は、たちまちガリラヤ地方の隅々にまで広まった。

 

 

【時は満ち、神の国は近づいた】

主イエスが御自分の地上の働きを始めたばかりの時でした。バプテスマのヨハネによって洗礼を受け、そして、荒れ野で40日間誘惑を受けましたが、悪魔に負けませんでした。それから主は弟子達を選び始め、伝道活動を開始しました。主は国を巡回して、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言うメセージを述べ伝えました。

 

【権威ある者として】

ある日、イエスは弟子と共にカファルナウムと言う町に着きました。そして、安息日にシナゴーグ、すなわちユダヤ教の会堂に入って、巡回教師としてイエスは人々を教え始められました。その聖日に与えられた聖書の朗読と主イエスのお話の内容も記されていませんが、御言葉によりますと、「人々はその教えに非常に驚いた。律法学者のようにではなく、権威ある者として教えになった」と書いてあります。イエスは権威ある者として教えましたので、人々は驚きました。そのお話の内容は重要でしたが、内容よりも、その話し方が人々にとって印象的でした。つまり、イエスは神と救いについて発言する権利があったようにお話をなさいました。やはり、主は神の独り子としてそう言う権利と資格があったからこそ、権威ある者として人々に教えることが出来ました。

 

【はっきり言っておく】

特に主イエスのお話は当時のユダヤ教の律法学者の教え方と比べれば対象的でした。律法学者は旧約聖書の律法を説くと、おもに有名な先生の解釈を引用しました。また、モーセや預言者イザヤのような聖書の人物の教えに言及しました。その反面、主イエスは誰も引用しませんでした。御自分の権威で教えられました。例えば、このようにおっしゃいました。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。自分を低くして、その子供のようになる人が、天の国で一番えらいのだ。」(マタイによる福音書1834

 

また、主イエスはご自分の権威で旧約聖書の律法の代わりを入れました。「あなたがたも聞いているとおり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。しかし、私は言っておく。悪人に手向かってはならない。誰かがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。」(マタイ53839

 

【新しい戒めを与える権威】

更に、イエスは新しい戒めを授けて下さいました。「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。私があなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」(ヨハネによる福音書1334)と主が言われました。

 

【主イエスこそは道、真理、命である】

それに反し、律法学者は決して新しい戒めを与える権威がありませんでした。彼等はもう既に与えられた律法を説明する役割だけでした。その上、律法学者は旧約聖書の律法を学んで、神の真理を語ろうとしましたが、イエス・キリスト御自身こそは真理でした。「私は道であり、真理であり、命である。私を通らなければ、誰も父のもとに行く事が出来ない」(ヨハネ146)と主ははっきりと宣言されました。

 

【権威ある教え】

人々はイエスのお話を聞くだけで、主は他の律法学者とは全く違う事がすぐ分かりました。なぜなら、「主は律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったから」です。イエスがお話をすると、不思議にその言葉は神から直接に来たと言う感じでした。ですからカファルナムのシナゴークの皆はとても静かになり、その言葉一つ一つによく聞いていました。確かに、その日、シナゴーグにいる人はだれもまどろみませんでした。そして、その群れの中で誰かが眠気が少しでもあっても、次の出来事は眠気を完全に払ってしまいました。

 

【汚れた霊に取りつかれた男】

イエスはシナゴーグで人々を教えた時、突然思い掛けない事が起こってしまいました。今日の御言葉の23節はその出来事を語ります。「その時、この会堂に汚れた霊に取りつかれた男がいて叫んだ。『ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ』」と男の人は叫んで、騒ぎを起こしました。

 

想像してみて下さい。もし今朝、礼拝中誰かが、突然この部屋に入り、そのような事を叫んだら、私達はどうするでしょうか。恐れを感じなくても、少なくとも大変びっくりするでしょう。そして、勇気があったら、出来るだけ速くその人を鎮めて外まで案内するでしょう。それは私達の反応かも知れません。

 

【悪霊を従わせる権威】

しかし、その歓迎されてない男がカファルナウムのシナゴーグに入り込むと、主イエスの反応は如何でしたか。主は 驚きませんでした。また、恐れなかったのです。逆に、イエスは平然として、彼に目を向け、このように命令しました。「黙れ、この人から出て行け」とその霊を叱りました。そうすると、「汚れた霊はその人にけいれんを起こさせ、大声をあげて出て行った」と記されています。男の人は汚れた霊から解放され、静かになり、やっと平安な状態に戻りました。

 

汚れた霊はイエスの身元が分かりました。「正体は分かっている。神の聖者だ」と叫びました。そして、その霊は全く清い神の聖者イエス・キリストの力を恐れ、対決しに来ました。「我々を滅ぼしに来たのか」と聞いて、主と戦おうとしました。実は、悪霊が恐れた通りにイエスは彼を滅ぼしにこの世に遣わされたのです。悪の力を征服する為に主は父なる神によって、私達の世界に送りました。汚れた霊はその男の人の上に力がありましたが、イエスの力と権威は遥かにもっと強いものでした。そして、主は御自分の権威をはたらかせて、「黙れ。この人から出て行け」と汚れた霊に命令されました。その権威と力に対してその霊は諦め、仕方なく男の人から出ていきました。大きな叫びで自分の怒りと悔しさを表現して、悪霊は男から出て、去ってしまいました。

 

【主イエスの癒しの権威】

イエスの権威あるお話を聞いた人々は、この癒しの業を目撃すると更に驚きました。主は権威ある者として神の愛と憐れみを説きました。しかし、その上に、イエスは神の愛と憐れみを苦しんでいる者に授けて下さいました。つまり、主は神の独り子としての御自分の権威を用いて、汚れた霊を男の人から追い出して下さったのです。今日の個所の27節を見ますと、こう書いてあります。「人々は皆驚いて、論じ合った。『これはいったいどういう事なのだ。権威ある新しい教えだ。この人が汚れた霊に命じると、その言うことを聴く。』」

 

【天地一切の権能を持つお方】

カファルナウムのシナゴーグでイエス・キリストのお話を聞き、またその御業を目撃した人々には主の権威は十分に理解されました。そして、私達も聖書を読むと主の権威は明らかになります。主は弟子達に御自分の権威についてこう言われました。「私は天と地の一切の権能を授かっている。」(マタイ2818)。

 

【罪を赦す権威】

律法学者達は預言者と有名な先生を引用して人々を教えましたが、主は、「はっきり言っておく」と言って教えられました。またイエスは罪を赦す権威がありました。「人の子が地上で罪を赦す権威をもっている」(マタイ96)と主は宣言されました。

 

【奇跡と自然を支配する権威】

そして、御自分の奇跡的印を通してその権威を現しました。人の病気を癒したり、嵐を静めたり、一人の子供の弁当を拡大して5千人を満腹させました。また、亡くなった人を復活させる事によって、死の上の権威をも見せたのです。そして、今日の御言葉が教えたように、主は悪霊の上にも御自分の権威を公に示しました。

 

【イエスはどう言うお方か?】

カファルナウムのシナゴーグで主イエスに出会った人々は、「これは一体どう言う事なのだ」と互いに論じ合いました。私達もその同じ問題に直面していると思います。つまり、「イエス・キリストはどう言うお方なのか」と聞くべきです。

 

【イエス・キリストは神の独り子、救い主】

多くの人々はイエス・キリストが教えた道徳を尊敬して、出来るだけその教えに従って生活をします。また、主の献身的歩みの為に、イエスは敬うべき方であると思う者が少なくありません。けれども彼等が、イエスは神の独り子とこの世の唯一の救い主である事をなかなか受け入れられないと言っています。

 

【私達の選択】

しかし、考えて見ますと、もしイエスがただ人間でありながら、神の権威を主張し、御自分について色んな驚くべき発言をするなら、決してそれは道徳的人物ではないでしょう。そうするなら、イエスはとんでもない嘘つきか、正気でない人になってしまいます。ですから、私達は選択しなければなりません。イエスは神の独り子、唯一の救い主か、正気でない嘘つきか、どちらかであります。この問題について中道がありませんので、その二つから一つを選ばなければなりません。

 

【主イエスに従うなら】

愛する兄弟姉妹、信仰を通して主イエス・キリストを神の御子、自分の救い主として受け入れると、主の権威と真理が明らかになります。主イエスと共に歩むと、御自身についておっしゃった事が本当であると分かって来ます。主は私達の為に御自分の約束を果たされ、イエスの権威を悟ります。「私は道であり、真理であり、命である」(ヨハネ146)と宣言された主イエスを信じ、主に従いましょう。そうすると、カファルナウムのシナゴーグで集まった人々と同じように、私達も主イエスの神としての権威と救いが体験出来ます。(おわり)

COPYRIGHT(C)2003-2005 近藤診療所 ALL RIGHTS RESERVED.